何歳になっても働ける社会があります

定年を迎え、長年勤めた会社を離れ、穏やかな日々を過ごされている方も多いでしょう。健康にも自信があり、まだまだ元気に働きたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。
かつては60歳を人生の節目と考え、60歳以上の方を「高齢者」と位置付けていましたが、最近は70歳まで、さらに年齢にかかわりなく働き続ける社会を目指し、官民一体となって様々な取り組みが行われています。

まずはシニア向けのアルバイトから始めよう

バイト・アルバイト定年後も働き続ける場合、どのようなスタイルがあるのでしょうか。長年勤めた会社で再雇用を希望し、正社員や契約社員、嘱託社員として働くスタイルもあるかと思いますが、これまでで培った会社員としての様々な経験を活かして、新たな場所で働くこともできるでしょう。
定年後は自由度の高いアルバイトのスタイルで働く方が多いようで、どんな仕事や働き方があるのか探してみてはいかがでしょうか。